会いたい 食べたい
行ってみたい東北があります。

2013.11.14 こまや合同会社

元気と美肌のもと 乳酸菌たっぷりの"発酵食"キムチに注目!

高麗屋のキャベツキムチ

シャキシャキ食感と甘みが絶妙のキャベツキムチ

元祖キムチキャベツの高麗屋

待ちに待った高麗屋で人気のキャベツキムチが届きました!

早速箱を開けると…
まずはぷわ~んと 食欲をそそるにんにくの香り。
口に運べばキャベツのシャキシャキした食感に加え、食べ慣れた白菜とはまた違った甘みが新鮮に感じます。

たれの味わいも甘み、旨みの後にぴりっとした辛さがちょうどよく そのままで、パクパクどんどん 箸が止まらない。

人気の理由が伺えますね!

元祖キムチキャベツの高麗屋

材料にこだわり、丁寧な手作りにこだわる高麗屋のキムチ。日本(で作っている)キムチとして韓国の展示会で 販売したときは、『本場のものより美味しい!』 と評判になったそう。

まず白菜やキャベツなどは、キムチにしたときに野菜そのものの甘み、旨みがしっかり感じられるよう、北海道、長野、茨城など季節ごとに国内の産地から厳選したものを使います。

青森の田子にんにくだからこそ出せる味

だしに使うアミの塩辛や魚介(いわし)エキス、唐辛子は韓国産を使用。
特にこの唐辛子は日本の唐辛子にはない、控えめな辛さの中に甘みがある独特の味わいがあります。

そしてなんといっても一番のこだわりは、にんにく。
清水さんは試作を繰り返した結果、青森県田子産のにんにくにしか出せない味わいに惚れ込んでいるのだそう。
しかも田子産にんにくを使ったキムチは、食べるときには一番香りがするのに、食べた後には匂いがいつまでも残らないというから女子には特に有難いですね!

高麗屋キムチづくりへの思い4箇条

高麗屋では、このキムチづくりへの思いを4箇条として分かりやすく提示しています。

  • 第1条(白菜など)食材は 国産を使う。
  • 第2条 だし、唐辛子は韓国産。
  • 第3条 にんにくは青森県田子産。
  • 第4条 伝統の手作り。

韓国スターの美肌はキムチが作る?

元祖キムチキャベツの高麗屋

第4箇条の「伝統の手作り」が、一次発酵、二次発酵した キムチ本来の味わいを生みます。

日本のキムチの主流は浅漬けタイプですが、しっかり発酵したキムチにこそ、腸内環境を整える植物性乳酸菌がたっぷり。

また、唐辛子には代謝を高めて脂肪燃焼させるという働きなど女性に嬉しい成分がたくさん。
キムチを毎日食べる韓国の方の多くがスリムで肌が美しいのも納得、ですね。

酸味が出ても楽しめます

そうそう、
日本人は特に酸っぱくなったキムチは苦手という人が多いようですが、酸っぱさは熟成が進んで乳酸菌が増えた証拠。せっかくの乳酸菌、食べないのはもったいない!
「そういうときは、豚肉と合わせて炒めたり、焼きそばやチャーハンに入れたりと、火を通した料理に使うのがおすすめ」
と清水さん。

今の季節なら鍋も美味しそう~。
元気が湧いてくる美味しさ、プラス美容にもいい本格キムチ。
おすすめです!

こまや合同会社

キムチの高麗屋

本場の味わいと野菜の美味しさの両立にこだわった
発酵を重ねる韓国伝統のキムチを
作っています。
看板商品の「キャベツキムチ」は
完全予約生産。
シャキシャキ食感とキャベツの甘みが
キムチの旨味とマッチした
クセになる味わいです。

住所|福島県白河市白坂勝多石29-1
TEL 0248-21-8444
FAX 0248-21-8445
http://www.komayanokimuchi.com/

© 2017 TOHOKU MURA All Right Reserved.