会いたい 食べたい
行ってみたい東北があります。

2014.11.27 もとなり本舗

無農薬・無化学肥料栽培の『山形県産十割蕎麦』

さわ農園店主


今回は、お歳暮にや年越しにぜひお試しいただきたい十割蕎麦『幸玄郷(こうげんきょう)』について ご紹介。

幸玄郷は、山形県尾花沢市「さわ農園」のそば粉を100%使用して作った十割蕎麦。
その美味しさを全国の方に届けようと山形県尾花沢市で地域の農産物や加工品を販売する「もとなり本舗」さんが 乾麺ではめずらしい十割蕎麦に仕上げました。

そもそも尾花沢といえば、言わずと知れたスイカの産地。
美味しさの秘密といえる、昼夜の寒暖差はスイカだけでなく蕎麦にも適した環境ということで、 尾花沢一帯には個性的な蕎麦店が多く立ち並び『蕎麦街道』としても全国的に有名です。

山形県内のあらゆる生産者を知り尽くす
もとなり本舗さんが惚れ込んだ!
「さわ農園」の笹原氏とは?

熟成中の堆肥

多くの蕎麦の生産者がひしめく尾花沢。
その中で、もとなり本舗の戸津さんがなぜ「さわ農園」にこだわったのか。
それは、さわ農園笹原さんの土づくり。

一切除草剤の散布をしないことや、地元農家の協力を経て3年熟成された堆肥を使用することで化学肥料に頼らないそば作りを実践されています。

除草剤・化学肥料を使えば多くの収益を手をかけずに得られますが、笹原さんは「長い目で安全安心」をテーマに循環農法という農法を続けています。

食べ物でみんなを幸せに

さわ農園、笠原さんご夫婦

「さわ農園」の笹原さんは、自宅を開放してそば屋も経営されています。

ここで提供するお蕎麦以外のお野菜もご自分で種をまいて育てた旬の野菜を使用。
笹原さんのお蕎麦やお野菜は、『食べ物には心がある』という思いの中、『種』や『土』と向き合う日々から生まれまています。

愛情たっぷりの大地で育った蕎麦は、『香り』・『うまみ』が濃厚と蕎麦通の間でも大変評判です。

玄人好みの『山形県尾花沢産 十割蕎麦』をご自宅で

山形さわ農園十割蕎麦

幸玄郷は、乾麺ながら蕎麦の味・香りがとても濃厚。
つなぎを使用していないのでその風味・食感も魅力のひとつ。
さらにリピーターの方が絶賛するのはそのとろりとした濃いそば湯です。
茹で方はたった2ステップ。

美味しい茹で方

  1. たっぷりの湯をぐらぐら沸かし、4分。
  2. そのまま鍋にふたをして2分蒸らして、ざるにあけて冷水で締める。
    ざるそば、かけそばどちらでも美味しく召し上がれます。

大切な方への贈り物にも最適です

十割蕎麦幸玄郷

「幸玄郷」はギフトにもご利用頂けるよう化粧箱に入っており、風呂敷に包んでお送り致します。特にお歳暮の時期は、上質で贅沢な季節には年越しそばとしても大人気。

毎年決まって予約されるかたも少なくないそう。

十割そば幸玄郷ギフトイメージ

蕎麦通もうならせる「十割蕎麦 幸玄郷」。

乾麺で茹で方もとてもシンプルなのでご自宅でも美味しく簡単にお楽しみいただけます。いつもとはちょっと違う玄人好みのおそばで年越しそばはいかがでしょうか?

もとなり本舗

もとなり本舗

山形・尾花沢の旬の味覚や加工品の製造、販売を通して
地域を元気にしていきたいと
平成17年7月に設立。

美味しく安全な自然食品作りで
生産者を応援しながら
多くの人に尾花沢の豊かな自然や食文化を
伝えています。

住所|山形県尾花沢市荻袋710-1F
TEL|0237-53-6202
© 2017 TOHOKU MURA All Right Reserved.