会いたい 食べたい
行ってみたい東北があります。

餡のおおすか

美味しいあずき茶はできたて?冷まして?―手づくりあずき茶を飲み比べ!

こんにちは!三神(みかみ)です。
最近は朝夕涼しくなり、だいぶ秋らしくなってきましたね。
寒くなってくるとだんだん温かいお茶が恋しくなってきます。

さてそんな中、最近注目度が上がっているあずき茶。
NHKの朝イチなどTV番組やネット上でも広く取り上げられ、あずきの効能に注目が高まっています。
もちろん、東北村で扱っているあずき茶「あずき御前」も今年に入ってアクセスが急増。

そんなあずき茶を手づくりできないか、挑戦してみました!
そして、ホットとコールドで飲み比べを実施。

はたして手作りのあずき茶はどのような飲み方が美味しいのでしょうか??

あずき茶は体にやさしい成分がいっぱい


さて、あずき茶を作る前に、まずはあずき茶のうれしい効能をおさらい。

どうやら話題になっているのは「ダイエット効果」や「美容効果」のようです。

具体的な効能(成分)としては

・むくみ解消(サポニン)
・肌ツヤアップ(ビタミンB2,B6)
・筋肉痛や肩こりの軽減(ビタミンB1)
・活性化酸素から体を守る(ポリフェノール)
などなど…。

まるで美容ドリンクか栄養ドリンクのように体にやさしい成分がいっぱい。
ポリフェノールに至っては、赤ワインの2倍もあるというから驚きです。

そんなあずき茶が自宅でも作れたらうれしいですよね。 ということで、さっそく挑戦してみました!


あずき茶を作ってみよう


あずき茶の作り方

 

それでは今回作ったあずき茶の作り方をご紹介します。

<材料>
あずき ...125g
水 ...500㏄

<作り方>
①あずきをフライパンで10分程度黒っぽくなるまで炒り、香ばしい香りを引き出します。
(焦げないように注意!色の目安は下記の写真を参考にしてください。)

あずき茶の作り方

②鍋に①と水を入れて火にかけます。沸騰したら弱火にして20分煮出します。

あずき茶の作り方

材料もレシピもシンプルで、思ったよりも簡単にあずき茶ができました!
出来上がったあずき茶は透明感あるきれいな琥珀色。
そして香ばしい香りが広がって、とてもおいしそう!

今回はこのあずき茶を「A.できたて」「B.さまして」「C.冷蔵庫で冷やして」飲み比べをしてみました。

また、番外編として、炒ったあずき(①の状態のあずき)をペットボトルの水に入れて一晩置いた「D.水出しあずき茶」も作ってみました。はたしてそのお味は…?


いざ試飲 ―風味の違いに驚き!


手作りあずき茶の試飲

 

ではそれぞれを試飲しての感想を。

あずき茶の作り方

もっとも色が綺麗で、香ばしかったのが「A.できたて」でした。
しかし、麦茶を思わせる色と香りで、あずきの風味はありませんでした。
炒ったからか、ほのかに香ばしい苦みを感じます。
飲み口は薄い印象で、あずきが苦手な人もごくごく飲めそうですが、濃い目のあずき茶が好きな方はやや物足りないかもしれません。 

あずき茶の作り方
あずきの成分をよりしっかり抽出しようと「A.できたて」から小豆を取り出さずに
常温まで待ってから飲んでみました。
色が濃くなり、香ばしさは「A.できたて」よりもひかえめ。
飲み口はさらりとしていますが、甘み、渋み、豆の皮のような小豆そのものの風味が強くなっていました。「A.できたて」は水色が澄んでいましたが、時間の経過とともにやや濁りが見られてきています。

あずき茶の作り方

「B.冷まして」をそのままに冷蔵庫で数時間冷やしました。
すると、びっくり!薄~いお汁粉のような色に。
あずきらしいと言われればそうですが、これをお茶と言われても…という状態です。
飲んでみると、香ばしさは消えあずきの香りが強くなっています。
甘くないお汁粉そのもの。
豆の甘味を感じる一方、あずきの皮の青臭さ、気になる後味(餡を食べた後に上顎に残る違和感のようなもの)も感じます。あずきの旨味もえぐみも全部抽出されたような一杯でした。

最後に番外編「D.水出しあずき茶」は、香り高さに驚きの一杯ができあがりました。 
水色は薄いあずき色で、驚くほど香りが芳純。
グラスに口を近づけただけで、あずきの甘い香りが感じられます。
そしてあずきらしい豆の甘みも感じられるのですが、香り以外は全体的に薄い印象。
まさにほのかな甘みのあずき水という感じでした。


総括


あずき茶の作り方

 

さて、このように飲み比べをしてみると、その違いにびっくり!
同じあずき茶でも、どのように飲むかで色も風味も全く違うことが分かりました。 あとはお好みで。
香ばしい感じが好みであればできたて熱々を、しっかりした豆らしさを味わいたい時は冷ましてから飲むと良さそうです。ただし、あずきを入れっぱなしにしてしまうと、どんどん濁ってしまうので注意。
体にうれしい成分いっぱいのあずき茶。
ぜひ毎日の飲み物に、お好みのスタイルで取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回、自分たちであずき茶を作ってみて感じたこと。
「餡のおおすか あずき御前」は色もキレイで美味しいということ!
身をもって実感しました。

手作りも気になるけれど、時間がないよとか、手軽に飲みたいよという方には
独自のナチュラル低温抽出製法で、成分をしっかり抽出しながらも、小豆のきれいな赤色とほっこりした旨みを引き出した飲みやすい「あずき御前」をおすすめいたします。 

餡(あんこ)のおおすか

餡のおおすか

大正元年創業の老舗餡子屋です。
オーダーメイドの餡づくりで、
城下町会津若松の菓子店の伝統の味を
陰で支え続けてきました。
餡のレシピは80種類以上。
小豆の魅力を知り尽くした匠として
「あずき茶」など餡や小豆の魅力を
身近に楽しめる商品の開発も
行っています。

住所|福島県会津若松市日新町4-35
電話|0242-27-0273
餡のおおすかHP

© 2017 TOHOKU MURA All Right Reserved.